地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、西都の地域情報サイト「さいとdeないと」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

西都の地域情報サイト「さいとdeないと」

ふるさと納税で日本を元気に!~西都市~

【医療法人 隆徳会 宮崎鶴田記念クリニック】がんを早期発見する最新型PET-CT装置によるがん検診

快適な宮崎で最新型PET-CT検診を受け、がんの早期発見

ふるさと納税の返礼品としては、少し珍しいのではないでしょうか?

全国でも有数の観光地宮崎でPET-CTがん検診。快適にのんびり過ごしながら自分の身体と対話する、大切な時間をお贈りしたいと思っています。


西都市の「医療法人 隆徳会 鶴田病院」が2003年に開院した「宮崎鶴田記念クリニック」(宮崎市)は、PET-CT検査に特化したがん診断センターです。2016年6月には最新型のPET-CT装置を新たに導入。診断精度がさらに向上しています。

落ち着いた雰囲気の受付ロビー

2階ロビー

PET検診の特徴

PET検査とはPositron Emission Tomography(陽電子放出断層撮影)の略です。     従来のCTやMRIなどの形を見る検査とは異なり、細胞の活動状態を画像でみることができ、がん、脳、心臓の病気の診断に有用です。

一度の検査で全身チェック

PET検査では一度の撮影で、ほぼ全身をみることができます。

総合的な診断に有用です。

 

ほとんど苦痛がなく、短時間で終了

薬剤の注射をして約1時間安静にした後、カメラの下で10分ほど横になっていただくだけです。

 

がんの早期診断、転移や再発の診断に有用

全身をみる検査ですので、原発巣の検出、転移や再発の診断に有用です。

診断精度を向上させる取り組み

今、がんを発見する上で一番高度な検査機器がPET-CTといえます。

 

宮崎鶴田記念クリニックでは、PET検査にさらにCT検査・腹部超音波検査・血液検査の各検査を組み合わせた複合型の診断システムを採用しています。検査は1回の撮影で全身のチェックができ、寝ているだけで身体への負担がほとんどない、安心・快適・精密な診断法です。

 

PET-CTで撮影すると、PET画像(機能)とCT画像(形態)を融合して画像を作ることができ、診断精度がより高くなります。薬剤のFDGは脳、心筋などに取り込まれ尿から排泄されるため、正常像でも脳、心臓、腎臓、膀胱などに集積します。

 

下記の症例では、原発巣の肺腫瘍からリンパ節、骨など離れた場所に転移していることが一目でわかります。縦隔などの体の深部にある病変の抽出にも有用です。

PET-CT画像

薬剤投与から約60分間の安静時間を経て、PETカメラでの撮影が約10分、その日のうちに医師から診断結果を聞くことができます。従来の検査法では診断が難しかった部位のがん細胞や、増殖前のごく小さながん細胞を発見することも可能になりました。

 

がんは初期段階で発見されれば、早期治療が可能なため、早期発見が重要です。経験豊富なスタッフによるサポート体制を整えておりますので、何なりとご相談ください。

PET-CTがん検診(ゴールドコース)検査内容

GE社製 PET-CT装置「Discovery IQ」

PET-CT検査・CT検査(甲状腺~膀胱)・腹部超音波検査

血液検査:血糖・腫瘍マーカー → AFP・CEA・CA19-9・PIVKA-ll

男性:PSA

女性:CA125

 

腫瘍マーカーの説明

 

AFP:肝臓癌などに有効です。

CEA:膵臓癌・肝臓癌・胃癌・胆嚢癌・胆管癌・大腸癌などに有効です。

CA19-9:膵臓癌・胆嚢癌・胆管癌・胃癌・大腸癌などに有効です。

PIVKA-ll:肝臓癌などに有効です。

PSA:前立腺癌に有効です。(男性のみ)

CA125:卵巣癌などに有効です。(女性のみ)

検査の流れ(ゴールドコース ・ 3~4時間程度を要します。)

受付・採尿

 

1階にて受付後、採尿します。その後お部屋にご案内しますので、そこで検査着に着替えていただきます。

 

問診

 

看護師より検査前の問診を行います。身長・体重・血圧・腹囲を測定します。

病歴や心配な事などがございましたら看護師にお伝え下さい。

 

超音波検査

超音波検査で上腹部の写真を撮影します。

上腹部(肝臓、膵臓、胆嚢、腎臓、脾臓等)を主に見ていきます。

 

水分摂取

 

PET撮影前の排尿を促すため、お水を飲んでいただきます。

 

CT検査

 CTで頚部から骨盤までの断面像を撮影します。

息止めがありますのでご協力をお願いいたします。

 

診察

 

医師による診察を行い、注射や検査の説明をいたします。

 

 

採血・FDG投与

血液検査のため採血を行います。血糖、腫瘍マーカーを測定します。

その後続けてPET検査用薬剤(FDG5ml程度)を注射します。注射は一度で済みます。

安静

50分~60分間個室にて安静にしていただきます。

排尿

 

PET検査開始前にトイレに行って排尿します。

膀胱へのFDG集積が少なくなり、骨盤付近が見やすくなります。

 

PET-CT検査

PET-CT撮影は、10分程度横になっていただくだけです。息止めもありません。

検査後食事休憩

検査後は休憩室にて軽食をご用意しております。

ゆっくりと休憩していただけます。

結果説明

専門医による検査結果の説明をいたします。
血液検査等も含めた詳しい検査結果報告書は、後日自宅宛に郵送いたします。

宮崎鶴田記念クリニック アクセスマップ

◆お礼の品◆

 250,000円以上のご寄附をいただいた方に、以下のお礼の品をお送りします

がんを早期発見する最新型PET-CT装置によるがん検診

 

【内容】

  PET-CT検査・CT検査(甲状腺~膀胱)・腹部超音波検査
血液検査:血糖・腫瘍マーカー→ AFP・CEA・CA19-9・PIVKA-ll
 ♂:PSA ♀:CA125

発送期日

お申し込み後、予約に関するご案内(予約案内)を送付いたします。
到着後、記載の手順に沿って直接ご予約をお願いいたします。

 

使用期限

予約受付機関;申込から6ヶ月
サービス提供期間;申込から1年間の内1回

注意事項

1.PET-CT検診は通常月曜日~土曜日での受付となりますが、月に1度日曜日に診療日を設けております。

2.重症の糖尿病の方は適切な画像を撮影できない可能性があります。

3.PET-CT検査前の血糖値が200mg/dlを超える場合は医師の判断により中止させて頂くことがあります。

4.妊娠中の方、または疑いのある方についてはPET-CT検査を受けることができません。授乳中の方もなるべく時期をずらす事をお勧めします。

提供

医療法人 隆徳会 鶴田病院

0983-42-3711

 

宮崎鶴田記念クリニック がん診断センター

ホームページ

http://www.ryutoku.or.jp/gsc/